2012_08
21
(Tue)09:44

橋本牧場

こんにちは

まー暑いもーいやになります

でも 暑いときは

やっぱり 橋本牧場のジェラート

1344065593033_convert_20120821091642.jpg
小さくてわかりづらいけど

どれとどれにするかがむづかしいなぁ

迷ってこれにしたよ
1344065592808_convert_20120821091615.jpg
白桃と鳥取県産メロン

とてもいいチョイスです

メロンがとってもおいしかった
気になった方は行ってみて下さい(は かろいち 内です)

そして 今日も高校野球記事の紹介

以下毎日新聞より

夏の高校野球:亡き父の教え胸に怪物支え続けた女房役 桐光・宇川
◇第94回全国高校野球選手権大会準々決勝 桐光学園0−3光星学院(2012年8月20日 甲子園)

天国の父も誇らしげだったはずだ。無念のゲームセット。泣き崩れる怪物左腕・松井を抱きかかえて宇川は言った。「最後までしっかりやろう」。寄り添うようにして三塁アルプス席の前へ。万雷の拍手。宇川はどこまでも松井を支える捕手であり続けた。

「甲子園は夢の中にいる気分でした。最高の舞台で、幸せだった」
小学生時代に捕手を薦めてくれた父・幸次さんが他界(享年51)したのは昨年4月。「捕手は一人だけ逆を向いてチームを支えるんだ」。池田少年野球部監督だった父の教えは忘れない。父子の夢だった甲子園で、ひたすら松井を支えた。

昨秋、松井のスライダーを捕れずに捕手を外された。至近距離から打ったテニスボールを捕球する練習を繰り返し、捕手に復帰。スライダーを体を張って止め、1球もそらさなかった。8回のピンチでは、マウンドで松井の顔をペチペチッと叩いた。2人だけに分かるリラックスの合図だ。右腕には、ワンバウンドしたスライダーを止めた痕が赤く残っていた。「父も見守ってくれていた。親孝行ができたと思います」。最後に、号泣するエースへこう言った。「ありがとう」。

選手1人、1人にいろんなドラマがありますね

今日で高校野球も準々決勝

楽しみが終わっていくなぁ・・・

ということで(❀╹◡╹)ノ゙また☆