2017_03
08
(Wed)13:09

一杯のコーヒー

こんにちは

3月になっていました

お久しぶりです

私の父親は 毎朝決まった時間に 喫茶店でコーヒーを飲みに行く習慣があります

もうかれこれ 長いことになります

父は 自分から特に「○○へ行ってきた」とか「○○を食べてきた」と言わない人なので

どこへ行っているのかは知らなかったのですが

ある日 近所のおじさんが「お父さんの車○○にいつもあるなぁ」と教えてくれたことから

毎朝 どこへ行っているか発覚しました

少し前 急にその喫茶店へ行ってみたくなり

ふらっと訪問

昭和な感じを残したお店で お客さんもそこそこいました

席に着くと かわいらしいおばさんが メニューを聞きにきたので コーヒーを注文

しばらくして コーヒー豆を挽く音 

ちょっとびっくり

しばらくしてコーヒーが登場 とてもおいしいコーヒーでした

とても気さくなおばさんで 気持ちのいいまま店を出ました

それから ちょっとした ある日

とある喫茶店に行きました

「マスターが淹れるコーヒーは大変おいしい」とブログなどに書いてあったので

期待して 行きました

ところが そのお店

マスターが淹れるどころか 愛想がない若い女の子が

たっぷりと沸かしてあったコーヒーを 温めなおし それをカップにナミナミとそそぐ

大変びっくりなお店でありました

マスターもいらっしゃたのに・・・

なんだか 胸がもやもやしたまま お店を後にし

マスターが淹れるコーヒーはどこへ行ったんだよ~。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。 ・゚・

行かなければよかった・・・と後悔

とても残念なお店でした

自分は何者でもありませんが

本物を飲みたかったです

一杯のコーヒーでこんなにも違う気持ちになれるとは

長文失礼いたしました

では☆また (*´▽`)ツ

長文失礼しました

では☆また(*´▽`)ツ



C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック